トップページ

ボート競技(漕艇)とは

ボート競技は、漕艇とも言われ、細長い艇に乗った漕手がオールを使って漕いで行くという、人力で動くボートを使ったレース競技です。
主に欧米で盛んにこの競技が行われています。
日本では、高校生、大学生や実業団で主にこの競技は行われています。
オリンピックの種目としても第一回より採用されていて競技としての歴史は古いです。
(ただし、第一回アテネ大会では悪天候の為実施されませんでした。
)競技大会は、レガッタとも呼ばれ一定距離をボートを漕いで順位を競います。
国際大会では2000mが主流ですが、日本国内では高校生などは1000mで行われることもあります。
また、様々な競技種目があり、大きく分けて、一人一本のオールを持って漕ぐスイープ種目と、一人二本のオールを持って漕ぐスカル種目の2つがあります。
漕手以外に舵手もしくはコックスと呼ばれる舵を取ったり、漕手にピッチを指示する選手を乗せる種目もあります。
漕手の人数が、一人・二人・四人・八人の種目があります。
競技が行われる漕艇場は、川や湖やダム等に作られたもの以外にも人工的に作られた所もあります。
主な漕艇場としては、東京オリンピックの会場として使用された埼玉県戸田市にあります。

ボートを所有するには

夏になると海で遊ぶ人多くなります。
その時にジェットスキーや水上オートバイ、モーターボートなどいろいろな乗り物が海面を走っている姿を見かけることがあるはずです。
しかし、これらは普段どのように保管しているのでしょうか。
海岸に海の家のような建物で預かってくれるところがあります。
年会費や使用料等を支払い会員にならなければ、乗り物を預かってもらうことができません。
さらに燃料費もかかるのでボートを購入するだけでなく維持費がかかると言えます。
これは乗用車を所有している人が重量税を支払ったり、自動車税を支払っているのと同じような感覚で、何も使用しなくてもお金がかかる乗り物と言えます。
海では、海上保安庁の指示に従って行動をしなければならないので、当然運転するには免許が必要になります。
海は陸の道路と違って縦横無尽に運転できるように感じますが、きちんとしたルールがあるのです。
ボートは海水に浸かるので片付ける時に真水できれいにしないと錆びてしまいます。
そのため、メンテナンスに時間がかかりますし、物が大きいのでとても大変です。
波が高い時にも運転できないことがあるため、陸地で車の運転をする以上に天候に左右される乗り物だとも言えます。

Favorite

名古屋の審美歯科・インプラント

審美歯科 名古屋

お台場、隅田川、東京スカイツリー周遊観光に最適の屋形船

屋形船

ルイヴィトン,ロレックス,エルメス,カルティエ,シャネル,ブルガリ等のブランド時計を取り扱う質屋です

質屋

CMerTVが動画制作を完全サポート

最終更新日:2015/10/16